カテゴリ:特別なこと( 2 )

Lucky子ちゃん

c0271123_6204925.jpg


Luckyは、昨日、Lucky子ちゃんになる手術を受けてきました。
がんばりました、Lucky子ちゃん。

朝、病院に連れて行って、夕方にお迎えに行きましたが、ヘトヘトの様子。
そりゃそうですよね。
家に帰ってからも、走り回ることもなく、静かに私の足元にゴロリ。
お疲れさまでした。





c0271123_621319.jpg

『ニコリ』


Luckyが病院に行っている間、私はソワソワ。
やっぱり心配で。
それに、totoとmekkoがインフルエンザになってしまったので、こちらもソワソワ。
なんだか、みんなのことが心配で、落ち着かない、一日でした。
(元気なのは、私とotoutoくんだけ)






ポチッとクリックしてもらえると、励みになります。

にほんブログ村
[PR]
by nachiko-sa | 2013-05-15 06:29 | 特別なこと

マツコ

c0271123_15291837.jpg


かわいい、かわいい、マツコ。

カノジョのことを、ブログに書きたいと思ったけれど、書く日にちは、どちらかにしようと、はじめから決めていました。
カノジョの生まれた日か、亡くなった日。
でも、ブログ仲間のりんだママが、マツコの誕生日を覚えていてくれて、それが本当に嬉しくて、誕生日の今日書くことにしました。

マツコは、パグ犬の女の子。

ペットショップに、フレンチブルドックの赤ちゃんを見に行った私たち。
そこで、ふてくされたように寝ているマツコに出会いました。
ケースに近づいても愛想なし。
チラッと片目で私たちを見ただけ。
売れ残ってる空気がぷんぷんしている子でした。
そんな、ちょっとひねくれているような感じが私に似ているような気がして、ひと目で気に入って、私たちの家族に迎えました。

家に帰ってからのマツコは、ツンデレを決め込むのかと思ったら、シッポふりふり。
きっと、ずっとずっと自分の家族になってくる人を待っていたんだな、と思うと、とても愛おしくなりました。

そして、2歳の冬。
それまで、元気そうに見えていたマツコに病気が見つかりました。
病名は、パグ脳炎。
治療法のない病気です。
ショックで、毎晩泣きました。
でも、発作のない時は、いつものマツコで、病気は間違いだったんじゃないかと思うくらい。
毎日お薬を飲んで、定期的に病院に通いました。
このまま、しばらくマツコと暮らせることを疑わなかったある日、本当に突然、マツコは逝ってしまいました。
早朝。
いつもより、早めに目の覚めた私の腕の中で、静かに息を引き取りました。
私の誕生日の2日後のことです。
みんなで写した集合写真が、最後の写真になってしまいました。
まだ、3歳でした。

マツコのことを想うと、今でも涙が出てきてしまいます。
おとぼけ顔の美人さんで、mekkoにもotoutoにも優しい子でした。
実は、今でも、パグ犬を見るのは、ちょっとつらいです。
マツコのことをすぐに想ってしまうので。
それでも、少しずつ、寂しいけれど、思い出になって、部屋に飾った写真を懐かしむことができるようになりました。(上の写真)
かわいい、かわいい、マツコ。
いつまでも、家族だよ。




c0271123_15285966.jpg


こうやって、マツコのことを書いたり、『マツコデラックス』というマツコのブログ本を読み返すことができるようになったのも、やっぱりLuckyの存在があるかな。
マツコとはだいぶタイプが違って、ヤンチャ坊主だけど、カレのふかふかの毛と温かさ、それと肉球の香ばしい匂い。
抱っこできるだけで、幸せ。
Lucky、ずっと、ずっと一緒にいようね。











にほんブログ村
[PR]
by nachiko-sa | 2013-05-12 16:05 | 特別なこと